伝染性単核球症|新百合ヶ丘の内科消化器科は渡辺内科消化器科医院へ

新百合ヶ丘の内科消化器科「渡辺内科消化器科医院」

診療時間

9:30~12:00 / 15:30~18:00

休診日

木曜・土曜午後・日曜・祝日

お気軽にお問合せください!
※電話番号のお掛け間違いにご注意ください

0449690139

MENU
予約専用ダイヤル
TEL:044-969-0039
その他お問い合わせ
TEL:044-969-0139

院長コラム

伝染性単核球症

その他 2016年07月20日

肝炎ウィルス以外にも、肝機能障害を起こすウィルスがあります。その代表的なものがEBウィルスによる伝染性単核球症です。

EBウィルスほとんどの人は3歳までに感染し、3歳までに感染すると無症状ですみますが、この時期を過ぎて感染すると発病します。

唾液を介して感染し、若い世代に多い感染症なのでキス病という別名がついています。

 

症状は発熱、咽頭痛、頚部のリンパ節張が主で、著明な例では全身の表在リンパ節が腫れて痛みを伴います。

さらに脾臓の腫大、皮膚の発疹が見られることもあります。血液検査では異型リンパ球と呼ばれる大型のリンパ球(単核球)が増加することが特徴であり、伝染性単核球症の病名の由来となっています。

さらに多くの例でAST、ALT、LDH上昇など肝機能障害があります。

症状および検査値の異常はほぼ1ヵ月程度の経過で改善します。

新百合ヶ丘の内科消化器科「渡辺内科消化器科医院」

〒215-0021 神奈川県川崎市麻生区上麻生4-34-5
TEL:044-969-0139

内科 内視鏡
消化器科
0449690039

その他お問合せもお気軽に!
※電話番号のお掛け間違いにご注意ください

0449690139